そのお腹だいじょうぶ!?クリニックでの肥満治療を3つ紹介

2016年07月26日

肥満はクリニックで治療する時代

いつ頃からか、メタボリック症候群という言葉をよく耳にするようになりましたよね。このメタボリック症候群とは、内臓脂肪が必要以上について、病気を引き起こす可能性がある状態の事を意味しています。脂分の多い食事や運動不足により、日本人の多くも肥満体型となっているのです。改善するためにはダイエットが必要となるのですが、ダイエットを成功させるのは難しいですよね。健康に障害が出るような肥満の場合には、クリニックで肥満治療を受ける事ができるのですよ。

基本治療は運動療法と食事療法

食の欧米化などによって、日本人の多くも肥満で悩んでいます。特に代謝が衰える中高年は太りやすく、コレステロールや中性脂肪が増えてしまうのです。このような状態が続くと、糖尿病や高血圧、動脈硬化など様々な病気を引き起こしてしまうのです。しかし、最近ではクリニックで肥満治療を行っています。その基本となるのが、運動療法と食事療法です。医師が診察を行い、どのような運動が効果的でどれくらい行う必要があるのか、また栄養管理士が、バランスの良い献立を考えてアドバイスしてくれるのです。

肥満は薬で治療できる

肥満外来やダイエット外来は増えており、クリニックで肥満を治療している人の数も増えています。肥満治療には、運動や食事療法の他に薬物療法がもあるのですよ。食欲を抑える効果がある薬や、また食べた糖や脂肪を吸収させる前に排出させる薬などがあります。医師が診断して処方してくれるので安心して服用する事ができるのですよ。痩せるのは簡単に思えますが、実際に行うと意外と大変なのです。リバウンドを繰り返すと痩せにくい身体になるので、医師に相談するのは良い方法と言えますよね。

肥満治療は美容整形外科でも行うことができます。専門の機材を使用し、気になる部分に当てているだけでやせることが可能になります。