酵素ドリンクを摂取するときにあると便利なグッズ3選

2016年08月25日

計量スプーンで正確に測定

酵素ドリンクは毎回きっちり分量を測って作るのが基本です。目分量で適当に作っていると、いつの間にか使いすぎていたり、その逆に少なすぎたりしてしまいます。料理用の計量スプーンで十分なので、酵素ドリンク専用の計量スプーンを確保しましょう。3g、5g、10gが測れる3本セットが使いやすいですね。また、水の分量を測るために計量カップもあると便利です。これも料理用の計量カップで代用できます。200mlの容量がちょうどよいサイズです。

シェーカーを使ってフリフリ

酵素ドリンクとジュースやすり下ろしたフルーツを混ぜるときは、専用のシェーカーがあると便利です。容量は300ml~500ml程度のものが適当です。半透明で中身が見えて、目盛りの付いているシェーカーを選ぶとよいでしょう。液だれしないように、キャップに工夫がしてあるタイプだと、グラスに注ぐときにこぼれにくくて使いやすいです。シェーカーはちょっと大きめのドラッグストアなら簡単に手に入ります。また、スポーツ店でも取り扱っています。

グラスが変われば気分も変わる

できあがった酵素ドリンクはいつも同じカップやグラスで飲むよりも、酵素ドリンクの味に合わせてグラスも取り替えると気分をリフレッシュできます。いつも同じだといつしか飽きてしまって長続きしなくなるものです。冷たく冷やした酵素ドリンクを飲むときは、透明感のあるクリスタルグラス、温めて飲むときは陶器のカップなどと飲み方や季節によって使い分けできるように、お気に入りのグラスやカップを数種類は用意しておきたいですよね。

体調がすぐれないという人は酵素ドリンクを飲んではいかがでしょうか。体に必要な酵素を効率よく摂ることができるので、健康維持に役立ちます。